News

日東工器、ステンレスの新カプラ

メーカー名商品名
日東工器サニタリーカプラ

分解・洗浄・組立が容易

3603

 日東工器(小武尚之社長)は、食品製造業などに向けステンレス製で分解・洗浄・組立が容易な迅速流体継手「サニタリーカプラ」を4月から本格販売する。食品関連の主要な展示会に従来から連続して参考出品し、既に広く関心を集めていた。
 食品製造業界ではこれまで、継手として、パッキンをヘルールの接続部に挟み込んでクランプで締める「ヘルール継手」を使用するケースが最も一般的だった。しかしこのタイプだと着脱に手間がかかるうえ、パッキンを床に落として再洗浄を強いられることもあったという。また締め込み過ぎてパッキンがはみ出し、そこに流体物が溜まるといった問題も指摘されていた。
 これに対しサニタリーカプラは、差し込むだけで接続でき、分解も工具なしで短時間に行える構造。プラグとシール材(Oリング)をセット化し、シール材が脱落することも無い。
 同社によると「食品会社は通常、社内規定により製造ラインを半日ごとあるいは毎日分解洗浄している」という。このため分解・洗浄・組立作業を短時間に行えるサニタリーカプラは、食品製造の生産性向上に直結する。
 本体の接液部には、ステンレスの中でも特に耐蝕性に優れ腐食しにくいSUS316L相当の材質を採用。食品衛生法に対応したシール材を使っている。
 食品・薬品製造業などを対象に販売する。標準価格(税別)はソケット・プラグの一式で4万2800円(溶接取付用)、4万8900円(ヘルール取付用)。取付サイズは2S。