News

ダイキン工業、ミラノサローネに出展

 ダイキン工業(十河政則社長兼CEO)のグループ会社であるダイキンイタリア社(イタリア・ミラノ市)は、4月14日~19日にイタリア・ミラノ市にて開催される世界最大規模のデザインの祭典「ミラノサローネ」に出展する。2回目の出展となる今回は、日本特有の擬音に着想を得た「FUHA(フーハ)」を展示コンセプトとした。
 昨年に引き続き、イタリア等を拠点に活動する国際的デザイナーSam Baron氏がクリエイティブ・ディレクター/コンサルタントを務めるBenettonグループのコミュニケーションリサーチセンターFabricaとともに出展する。「音、重さ、質感によって空気の存在を表現する10種のインスタレーションによって、普段見たり触ったりすることのできない空気を感じることができる」(同社)という。同社ウェブサイトの「ミラノサローネ特設サイト」で、出展に関する情報を紹介中。