トピックス

コロナ、多機能加湿装置のラインアップ拡充

設置工事不要で移動可能タイプ追加

corona コロナ(内田力社長)は、介護・福祉施設や教育施設、オフィス向けに好評な多機能加湿装置「ナノフィール」をラインアップ拡充すると発表した。新たに給排水配管工事や電気工事が不要で、使いたい場所へ移動できるタイプを10月上旬から販売する。
 「ナノフィール」は、独自の特許技術によってナノサイズの水の粒を大量発生させる装置。自然の水だけを利用し、水の持つ力を最大化して広域において快適な空間をつくる。加湿効果をはじめ消臭、除菌、空気清浄と大きく4つの効果を持ち、さらに水分子マイナスイオン「ナチュラルクラスターイオン」の大量発生も実現させた。結果、「雨上がりのようなすがすがしい空間が生まれる」(同社)という。介護・福祉施設や教育施設、オフィス向けなどで実績を重ねてきた。
 10月上旬に発売する新商品は、従来の固定タイプと異なり、設置工事が一切不要な仕様。キャスターがつき、100ボルトのコンセントがある場所なら、どこへでも簡単に移動して使える。
 これまで同様、本体内部の水がフィルターの役を果たし、花粉や細かなホコリは水のフィルターを通ってタンク内に落下する。加えて内部のクリーン運転を自動で行えるため、フィルター交換や内部清掃といったメンテナンスの時間やコストが大幅に抑えられる。
 希望小売価格(税抜)で58万円。