News

J.フロント建装、軽くて割れないフィルムミラー

メーカー名商品名
J.フロント建装フィルムミラー「リフェクス」

産業向けにアピール

3724

 建築・内装工事や器具製造・販売を行うJ.フロント建装(大阪市中央区)はフィルムミラー「リフェクス」を工場やオフィス向けにアピールを強化している。軽量で割れない特長が阪神大震災で注目され通販雑誌やネット通販などで認知。歌劇団や歌番組、スポーツジム、料理教室などで採用されてきたが、これまで手薄だった産業用に目を向けた。
 リフェクスはガラスを用いず、厚さ0.025mmのフィルムをアルミフレームに中空張りにしたもの。一般的なガラス鏡の6分の1程度の軽さで持ち運びやすく、市販のフックを用いて吊り下げられる。同社は「ガラスを通さないので色彩をより自然に鮮明に映すことができる。工場やオフィスで服装を確認する際にも、髪の毛一本を見逃さない鮮明さ」と言う。一般鏡はガラス厚が5mm程度あるため映る姿が二重になり、ガラス面に鉄分が含まれるため緑がかって見えることがある。税別価格は写真の高さ90×幅20センチの「RM-40」(750g)で9340円。

(画像:料理教室で使われる実習教示ミラー)