News

インド高速鉄道、各国食指で燃える受注戦

 交通インフラで景気テコ入れをめざすインドで、高速鉄道の受注競争が過熱。日本の新幹線の可能性に言及されるなど、日本を含む海外企業の凌ぎは火を噴くばかりだが、ここにきて低コストを売りにするも逆風にある中国企業も参戦。高架式の最高速度は300km。 ニューデリー~ムンバイ、ムンバイ~チェンナイ、ニューデリー~コルカタ間の「ダイヤモンドの四角形」構想の入札結果は、7月中にも判明する見通し。