News

日系初の物流会社、ミャンマーのティラワ特区

 ミャンマーのヤンゴン郊外「ティラワ経済特区」に、住友商事などが総合物流事業会社を設立する。先行開発エリアの「ゾーンA」4.75haの土地に、物流センターを設置するもので、第1期倉庫面積は0.5haとなる予定。新会社の「ティラワ・グローバル・ロジスティクス」は、資本金10億円でスタートし、住友商事が72%、上組が28%出資する。投資額は14億円が見込まれている。