News

14年の世界半導体装置販売、18%増

日本市場 中国に抜かれ5位に

 (一社)日本半導体製造装置協会(SEAJ)とSEMI(国際半導体製造装置材料協会、米カリフォルニア州)が3月17日発表した2014年の世界半導体製造装置販売額は前年比18.0%増の375億ドル(約4兆5千億円)と3年ぶりに増加した。
 地域別にみると最大の台湾市場(同11%減の94億ドル)を除きすべての市場で増加。北米市場(55%増の82億ドル)の伸びが大きく、日本市場(24%増の42億ドル)は僅差だった中国市場(30%増の44億ドル)に抜かれ5位に。

 装置別では主力のウェーハプロセス用処理装置が15%増。組み立ておよびパッケージング装置は33%増、テスト装置は31%増だった。

 調査はSEAJとSEMIが共同してそれぞれの会員企業から集めた100社超のデータを集計した。