News

牧野フライス製作所、大型の横形MC発売

メーカー名商品名
牧野フライス製作所大型横形マシニングセンタ「a120nx」

X軸1900mミリ、最大35キロの重量工具対応

3876

 牧野フライス製作所(牧野二郎社長)は、3点支持方式の高剛性一体構造ベッドを採用した1900ミリストローク(X軸)の大型横形マシニングセンタ「a120nx」を開発し、この4月から営業をはじめた。出荷開始は今年11月の予定。
 一体構造の大型ベッドは輸送に難があり、これまで採用されてこなかったが、高速加工と精度を両立させるべくこの構造を選んだ。長大なストロークは、現行の道路交通法に照らして可搬可能な最大長さにあたるという。
 最大35キロ質量・径で350ミリまでの大型工具を装着して高効率に切削できる。長尺工具(最大長さ900mm)を使っての高トルク下でのボーリング加工なども得意とする。
 毎分最大50メートルの送り速。加速度(軸によって0.4~0.6G)も高めた。最大3トン、オプションで5トンまでのワークに対応できる。ATCは204本、パレットチェンジャーを標準装備。
 直列6気筒ディーゼルエンジンのシリンダブロック、トラクター用ミッションケース、建機用のコントロールバルブ、大型のモールドベースなど大物加工に適する。平面度や直角度で厳しい公差が求められる工作機械や産業機械の構造部品向けなどにもアピールするようだ。価格(税抜)は9800万円。