News

フクハラ、電力損失を抑える電磁式ドレントラップ

メーカー名商品名
フクハラ電磁式ドレントラップ「シンライドレックス600」

ドレン感知し適時排出

3977

 フクハラ(横浜市瀬谷区阿久和西1-15-5、TEL.045-363-7373)は適時弁が開くことで電力費の損失を削減できる、省エネ型電磁式ドレントラップ「シンライドレックス600」を4月20日に発売した。
 100秒ごとに1秒間弁が開き、ドレンをセンサー部に呼び込んで排出する機能をもつ(特許取得済)。センサーがドレンを感知するとさらに3秒間排出することで、ドレン流入のための均圧管の設置が不要。ドレンバルブを常時微開にしてドレンを抜く方法では電力費の無駄になっていた。150-600kWのコンプレッサーに対応。排出口の口径は7mmと業界で最も大きく、ストレーナも装備しないため、目詰まりを起こすことがほとんどないという。