News

京都機械工具商組合、第37期通常総会を開催

田中理事長 3期目に

 京都府機械工具商業協同組合は5月22日、ザ・リッツ・カールトン京都で第37期通常総会を開催した。会員企業38社が出席。2014年度事業計画を含めた各議案が満場一致で可決された。
 冒頭、挨拶に立った田中繁理事長(タナカ善会長)は、経済対策と補助金効果で設備投資が増加傾向にあることに触れ、「我々の業界も景気がよくなることを願っている」と期待感を示した。
 ホテルやテーマパークなどの独自の取り組みを通じて、「生産ラインの自動化に代表されるように、まだまだやれることはある。必要とされるサービスを展開 することがさらに求められている」と話した。通常総会では役員改選も行われ、3期連続で田中繁氏が理事長として再任された。