News

丸山会長「存在感出し、世界シェア向上したい」

半導体装置協会

 (一社)日本半導体製造装置協会は5月27日、都内で総会を開き生産・流通・装置技術開発の調査研究、装置標準化、環境・安全に関する調査・対策といっ た事業に継続して取り組む今年度計画を承認した。生産・流通の調査研究については2013年までの10年間の実績を販売統計として編集・発行する。
 丸山利雄会長(アドバンテスト会長)は総会後の懇親会で「グローバル環境における我々のプレゼンスを出し、シェアを上げるため情報共有をもっと進めたい。組織を変えることも含め今年1年こういったことにトライしたい」と会員企業に呼びかけた。