News

イワシタ、長尺NC加工機の生産強化

門形MCを導入、本格稼動へ

4070

 「航空機や建設分野を中心に、長尺NC加工機の受注は好調を持続している。昨年度には、モノづくり補助金を活用し、オークマの5面加工門形マシニングセンタ(MC)を導入し、生産増強の体制を整えた。品質向上はもちろん、生産性向上による納期短縮とコスト削減を図ることが目的。当社の長尺NC加工機は左右最大8mまでの長尺材加工に対応可能で、今後も航空機関連をはじめ、建設分野ではアルミサッシ関連の需要増加が見込まれており、多様なニーズに対応する」と強調するのは、イワシタ(本社・福井市)常務取締役の岩下大介さん。
 同社は1949年に織物機械製造で創業。55年にはフライス盤の製造を開始し、今年で55年となる。93年にアルミサッシ用長尺NC加工機に進出、現在ではユーザーニーズに即した特殊仕様やオーダーメイドにも対応し、航空機や建設分野をはじめ幅広い加工現場での実績を積み上げている。
 「フライス盤も製造企業や学校関連など、豊富な納入実績がある。長尺NC加工機やフライス盤に加え、長尺ワークやアルミ加工、精密研削等の開発で培った技術力を活用した工作機械・専用機の受注も好調。専用機は仕様等をゼロから打ち合わせする完全オーダーメイドによるもので、半導体関連等幅広い分野からの注文や相談も堅調だ」と説明。「現場のきめ細かなニーズや特殊仕様等のオーダーメイドに対応できることが当社の特徴。今後もこの強みを発揮し、加工現場のきめ細かなニーズに対応していく」とキッパリ。