News

ヤマハ発動機、パキスタンに二輪工場

年産3万台からスタート

 ヤマハ発動機は、パキスタン南部のシンド州カラチ市で昨春から建設を進めていた二輪車製造工場「Yamaha Motor Pakistan (Privete) Ltd」(以下、YMPK)を完成させた。同市のビンカシム工業団地に20万平方mの土地を確保し、延床面積1万7千平方の工場を建設した。従業員数は約200人。2015年に3万台を生産し、20年には年産30~40万台規模まで広げる予定だ。
 パキスタンの総人口は約1億8千万人。同社は人口増加に伴う旺盛な消費活動を背景に、14年に165万台に達した二輪車市場が「20年には300万台を超える」と予測している。
 ヤマハブランドの二輪車製造・販売は1975年、同国・ダウッドグループとの合弁契約から開始。2008年に合弁契約を解消した後、12年6月まで技術援助契約に基づいて同グループによる製造・販売が継続されてきた。
 ヤマハ発動機単独のパキスタン再進出として、13年にYMPKを設立。同社は今回の工場稼動について、新中期経営計画で掲げる「事業規模拡大」の具現策の一つとしている。