News

日本アニメ見るな、中国が漫画の規制を強化 

 日本のアニメや漫画が暴力や賭博、テロ活動などを助長し、社会道徳や公序良俗のボトムラインを越える内容を含むとして、中国で規制強化が加速されている。名指しで批判される対象リストには、『名探偵コナン』や『ONE PIECE(ワンピース)』『学園黙示録』といった世界的な人気作品も含まれている。これらは今後、インターネット動画サイトなどで閲覧できなくなる可能性があり、多くのファン層に深い衝撃を与えている。