News

10年で2倍超、資産3千万ドル超富裕層

 純資産3000万米ドル(約36億円)以上の超富裕層が今後10年間で2.3倍にも――英系レポートによると、インドネシアでのこの種の層は2014年に約650人だったが、24年には1500人を超えるとし、世界やアジアの平均増を大幅に上回ると指摘。国内外の不動産物件に投資する傾向が強い超富裕層だが、その所有動機は節税のほか、安全で質の高い生活への備えや子どもの教育などが大半を占めているという。