News

トヨタとマツダが業務提携

環境・安全技術を軸に協業

 トヨタ自動車(豊田章男社長)とマツダ(小飼雅道社長)は5月13日、両社の経営資源の活用や、商品・技術の補完など、相互にシナジー効果を発揮できる継続性のある協力関係の構築に向けた覚書に調印。今後、両社で組織する検討委員会を立ち上げ、環境や先進安全技術を軸に、互いの強みを活かせる具体的な業務提携の合意を目指す。
 両社は、これまでもトヨタのハイブリッドシステム技術のライセンス供与や、マツダのメキシコ工場でのトヨタの小型車生産などで業務提携を行っている。今回の協業検討の合意は、「もっといいクルマづくり」を掲げ、持続的成長に向けた真の競争力強化のために会社を挙げた構造改革に取り組むトヨタと、「カーライフを通じて人々に人生の輝きを提供する」という企業理念を掲げ、SKYACTIV技術と魂動デザインを導入し、「お客さまに走る歓び」を提供することを目指しているマツダの思い・姿勢とが一致したことで、従来の提携の枠組みを超えて「クルマの新たな価値創造」に向けた中長期的な相互協力を目指すものとしている。
 記者会見で、トヨタの豊田社長は、「志を同じくする企業同士で新しい『クルマの魅力向上』に取り組めるという期待感で一杯。『次の100年もクルマは楽しいぞ!』というメッセージを世界に発信できれば」と強調。マツダの小飼社長は、「トヨタは創業以来地元を大切にしていることに共感する。協業により、顧客へ真の価値の向上と広島のモノ造り力の向上にもつながることを期待している」と語った。