News

国土交通省「地域型住宅グリーン化事業」募集開始

ゼロエネ住宅に最大165万円の補助

 国土交通省は平成27年度「地域型住宅グリーン化事業」について、補助事業の適用を受けようとするグループの募集を開始した。募集の第1期間は5月1日~5月25日(必着)、第2期間は5月26日~6月8日(必着)。
 同事業は、流通事業者、建築士、中小工務店(年間供給50棟未満)が連携して取り組む、一定の良質な木造住宅・建築物の建設に対して補助するもの。
 1戸あたりの補助金額は住宅タイプによって異なり、長寿命型(長期優良住宅)と高度省エネ型(認定低炭素住宅)が100万円、高度省エネ型(ゼロ・エネルギー住宅)が165万円。それぞれ、主要構造材(柱・梁・桁・土台)の過半に「地域材」を使用する場合、20万円を上限に予算の範囲内で加算する。補助上限金額は補助対象となる経費の1割以内。
 優良建築物型(認定低炭素等の一定の良質な建築物)の補助は1㎡につき1万円が上限で、1事業者当たり1000万円を上限とする。
 同事業では、「『地域型住宅』生産の基本方針」及び「『地域型住宅』生産の共通ルール」等に関する提案を募集し、優れた提案を採択。適用申請書の記載内容を考慮し、補助対象戸数の割り当てを行う。高度省エネ型(ゼロ・エネルギー住宅)の評価に関しては、応募内容について、学識経験者からなる評価委員会にて評価が行われる。
 問い合わせは地域型住宅グリーン化事業評価事務局、TEL.03-3560-2886まで。高度省エネ型の評価に関する問い合わせはTEL.03-5579-8251へ。