トピックス

コロナ、プレミアムエコキュート2機種を6月中旬から

最上位機をモデルチェンジ

corona コロナ(内田力社長)は、家庭用エコキュートの最上位機種「コロナ プレミアムエコキュート」をモデルチェンジし、2機種を6月中旬から順次発売する。
 業界最多のラインアップを揃える同社エコキュートのうち、最も高い省エネ性能と快適性を実現するのが最上位機種「プレミアムエコキュート」。今回のモデルチェンジでは、新たに缶体の保温材に「真空断熱材」を追加採用。従来の特殊成形断熱材と、この新断熱材で温水部分を2重に包み込み、保温性を一段と向上させた。その結果、年間給湯保温効率(JIS)は業界トップクラスを実現(370リットルタイプで3.8、470リットルタイプ3.7)した。
 加えて簡単なリモコン操作で最大約20%を節水できる機能と、毎日の湯はり量を通常設定量から一定量減らす機能の2つの節水機能を搭載、水道代を1年間で約6800円減らせるという。ほかにも給湯量がイラストや数値表示ですぐ分かる「給湯モニター」をはじめ「目標湯量お知らせ機能」など機能的に優れる。
 省エネ住宅ポイント制度の対象商品。価格は、3~5人家族に適する370リットルタイプで税別94万円、4~7人家族に適した460リットルタイプで同101万円。