News

パナソニック、器具交換だけで調光できるLED照明

メーカー名商品名
パナソニックLED照明「PiPit調光シリーズ」

省施工、投資回収に3.4年

4379

 パナソニックのエコソリューションズ社(大阪府門真市大字門真1006、TEL.0120-878-365)は照明器具の交換だけで明るさを自由に変えられるLED照明「PiPit調光シリーズ」を7月1日に発売する。これまで既存照明を調光させるにはライトコントロールのボックス取付工事、電源工事、信号線工事が必要だった。
 PiPit調光シリーズは専用コントローラからの無線通信で調光するため、従来の配線がそのまま使える。簡単な操作で調光ゾーンや時間帯を設定できるため、「消費電力は従来の蛍光灯と比べた場合、同等以上の明るさなど一定の条件下で約67%の削減を実現した。約3.4年で回収できる」と言う。明るさ2000-6900lmで希望小売価格は税抜で2万1300-4万1000円。年間販売40万台目標。