News

パナソニック、太陽電池 生産体制を強化

4470

 パナソニック(エコソリューションズ社)は5月18日、太陽電池モジュール「HIT」の国内工場への設備投資を決めたと発表した。セルの生産拠点である島根工場(島根県雲南市)とモジュールの生産拠点である滋賀工場(滋賀県大津市)の生産ラインをそれぞれ増強する。2015年度末にはマレーシア工場と二色の浜工場(大阪府貝塚市)と合わせ、グローバルで1ギガ㍗を超える生産体制を構築する。投資額は島根、滋賀両工場を合わせて95億円。
 生産体制強化の背景には、系統接続問題で大規模(500キロワット以上)の市場は今後縮小するも同社がターゲットとする中規模(10~500キロワット)および住宅用が横ばいから微増で20年度まで安定的に推移すると見ていることがある。加えて同社は「政府が主導するZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)、ZEB(ゼロ・エネルギー・ビル)の普及政策などで住宅や非住宅の屋根置市場は引き続き旺盛な需要が期待される」とし、欧米やアジアでも住宅を中心に需要は堅調に推移すると見込む。