News

「生きるため」、窃盗に走る農民工の子ども

 出稼ぎ農民工の子どもや留守児童(農村に残された子ども)の窃盗行為が、富める中国でますます深刻な社会問題となっている。戸籍がないから学校に通えず、社会保障からもはずされた貧困児童の生きる道は、ゴミ箱あさりか盗みで食べ物にありつくほかない。「子どもらの犯行は大胆になっていくばかりで、いずれ刑務所送りになるだろう。そんな例は無数にあるが、打つ手は何もない」と、各地の警察は天を仰ぐばかりのようだ。