News

タイで新運河、石油輸入で中国が対策網

 「一帯一路」をめざす中国がタイとこのほど、マレー半島を横断する「クラ運河」建設の覚書に調印した。280億米ドル(約3兆3570億円)を投じ、工期10年を見込むという。運河完成後には、マラッカ海峡に代わる重要な航路となる見通し。現在のコースに比べ、少なくとも1200km以上、2〜5日の航路短縮につながるというから大きな転換。中国が輸入する石油の80%は現在、マラッカ海峡経由で輸送されている。