News

3DS社、カジュアル3DCAM 日本語版リリース

メーカー名商品名
スリー・ディー・エス3次元CAM「VisualCAD/CAM2015」日本語版

機械加工から3Dプリンターまで対応

4538

 スリー・ディー・エス(神奈川県横浜市)は、コストパフォーマンスに優れる米国製3次元CAM「VisualCAD/CAM2015」の日本語版を6月29日から正式リリースする。これに先立ち、無償版3次元CADプラットフォーム「VisualCAD」のダウンロードサービスを開始した。
 日本語版としてリリースする「VisualCAD/CAM2015」は、必要な3次元データ機能を、ユーザーが選択・追加してモノづくり環境を整える「プラグイン」をコンセプトとし、これに沿って多種のモジュールをラインアップ。NC工作機械から板金加工、3Dプリンターと幅広く対応する。
 例えば2次元画像を利用し特殊な3Dデザインを付加するエンボスツール、複数のCADパーツを板金上に最適レイアウトするネスティングツール、機械加工用の加工データ生成ツール、3Dプリンター用のSTL最適化ツール…などを揃える。価格はエンボスツールで9万円、2軸から同時4軸まで対応のCAMモジュールで68万円など。
 また、3Dデータを活用したものづくりをユーザーが手軽にスタートできるよう、このほどダウンロードサービスを開始した無償版CADプラットフォームは、DXF、DWG、IGEAS、STLなどのトランスレータとしても利用できる。