News

自動車販売、低迷続く

 中国汽車工業協会が公表した今年1~5月の自動車生産台数は前年同期比6.19ポイント下落の1024万4400台、販売は同6.86ポイント下落の1004万6200台となった。特に商用車が不振で、生産は同17.35%、販売は同17.27%減少した。新華社が伝えた。
 5月の自動車生産は前月比5.56%減、前年同月比0.58%減の196万4200台、販売は前月比4.55%減、前年同月比0.4%減の190万3800台だった。
 BMW、フォルクスワーゲン、トヨタなど有名ブランドが販売目標を相次ぎ下方修正し、在庫を抱えたディーラーは苦境に陥っているという。経済が減速し、消費者の購買力が落ちる状況は2008年にも起こったが、当時は購入税の免除、国家の助成金など強力な刺激政策で持ち直した。ただ、7年前と比べて自動車の普及も進んでおり、「同じような刺激政策を用いても効果は限定的」と指摘する声も。中国汽車協会の師建華副秘書長は「経済が減速する中で、自動車業界も影響は避けられない。今年の自動車工業の成長率は7%には届かず、5%行けば御の字ではないか」と述べたという。

機械工業の落ち込みも
 中国機械工業聯合会(中機聯)は今年の業界環境が予想以上に厳しく、第2四半期はなお底を探っていると明らかにした。今年後半は回復が見込まれ、1年の成長率は前年を下回るものの、7~8%を維持できるとの見通しと、新華社が伝えた。
 関係者によると、生産設備過剰、需要不振、固定コスト増などで、機械工業の各種指標は弱含んでいる。
 1~4月の機械工業付加価値増加率は5.8%で、1~3月から0.5ポイント低下しただけでなく、前年同期を5・7ポイント下回った。特に、中低価格品の生産設備過剰が深刻で、建設機械業界では、生産停止に追い込まれている企業も多いという。受注低迷はしばらく続きそうで、重点企業の受注も前年同期から9.24%下落した。関係者は「今年第1四半期の落ち込みは予想以上だった。第2四半期も底を探ることとなるが、後半には回復するだろう」と述べたという。