News

ノーリツ、集合住宅のエコジョーズ化を推進

メーカー名商品名
ノーリツエコジョーズ「GT-C2063シリーズ」

スリム型で業界初、ドレン水を浴室排水

4725

 ノーリツ(國井総一郎社長)は、スリム型の高効率ガスふろ給湯器エコジョーズ「GT-C2063シリーズ」(=写真)を9月1日に発売する。
 スリム型のエコジョーズとしては業界で初めて、ドレン水をユニットバスの排水口に排水させる「ドレン水搬送タイプ」をラインアップ。新設・既設を問わず、ほぼすべての集合住宅でのエコジョーズの設置が可能になった。
 これまで、ドレン排水の処理の難しさは集合住宅のエコジョーズ普及のネックとなっていた。新商品の「ドレン水搬送タイプ」では既設集合住宅向けにドレン三方弁方式(CVシリーズ)、新設集合住宅向けにドレンアップ方式(CPシリーズ)の2方式をラインアップ。スリム型ガスふろ給湯器が設置されている集合住宅のエコジョーズの普及が容易になり、住宅のエコ化推進に貢献する。
 また、スリム型では業界で初めて、可燃物との離隔距離を従来の150mmから10mmに短縮。給湯器を設置するバルコニーに、雨水管やエアコンのスリムダクトなどがあっても、離隔距離が10mmあれば設置が可能になり、従来よりも設置場所の選択肢がひろがった。
 さらに、業界ナンバーワンの給湯最低号数2.4号を実現し、入水温度と設定温度の差が小さく、少しだけお湯を出したい時など厳しい条件でも安定した給湯が可能になった。そのほか、押すだけで自動で節約する「エコスイッチ」や省エネが見えるエネルック機能を搭載している。希望小売価格(税別)は31万2000円~42万円。