News

パーパス、マルチ給湯システムの遠隔監視

メーカー名商品名
パーパスマルチ給湯システムの遠隔監視

リニューアル発売

 パーパス(髙木裕三社長)は、業務用マルチ給湯システム向けとして、07年から業界に先駆け導入した「遠隔監視システム」をリニューアルし、7月から新たに販売を始めた。
 業務用マルチ給湯システムは、使用湯量に応じて給湯器を連結し、最適な給湯システムを構築するもの。同社がパイオニアとして知られ、病院、ホテル、学校などに実績を伸ばしていた。
 07年から同システムの運転状態を24時間遠隔監視するシステムを提供し、評価を得ていたが、リニューアルによって顧客満足度の向上につなげる。
 リニューアルでは、遠隔監視用通信アダプタ(MT-3)を追加し、インターネットを介して導入先のマルチ給湯システムの運転状態を24時間監視。故障発生時には同社のクラウドデータセンターを経由して同社テクニカルサービスセンターなどに自動通報する仕組み。あらかじめ故障内容を把握した素早い修理等につなげる。またオーナー自身もパソコンやスマートフォンからマルチ給湯器の運転状況を確認できる。
 インターネット回線と携帯電話回線のいずれか選んでシステムを構築できる。導入初期費用を軽減させるべく、「業務用保守点検制度との同時契約でなくても導入できる」(同社)ようにした。遠隔監視用アダプタ(MT-3)は税別希望小売価格で4万8000円。携帯電話回線に対応の無線タイプ(MT-3G)だと同14万8000円。