News

日本住宅保証検査機構、我が家の保険 契約100万戸達成

 住宅瑕疵担保責任保険法人の日本住宅保証検査機構(早川博社長、略称JIO)は、2008年8月より直営の全国23支店58営業所で販売している新築住宅瑕疵保険「JIOわが家の保険」の保険契約戸数が、今年6月末に100万戸を達成したと発表した。同社では「100万戸達成ロゴ」を作成し7月より広くプロモーションを行うという。
 同社では、引渡後の不具合理由となる割合が多い雨漏りの対策に向け、業界に先駆けて開発したオプション検査の「追加外装下地検査」のほか、瑕疵事故事例から学ぶための小冊子の作成、勉強会の実施など、瑕疵低減のための活動にも力を入れてきた。
 同社では「住宅取得者様の不安を払拭し、『安心して住宅の購入をして欲しい』という住宅事業者様の想いに対して積極的な取り組みを行ってきたことで、より多くの住宅事業者様にご評価いただき支持の拡大に繋がったものと考えている」という。