News

三菱電機、厚板まで対応するCO2レーザー加工機

メーカー名商品名
三菱電機炭酸ガス2次元レーザー加工機「ML3015SR-32XP」

ステンレスで加工速40%アップ

4818

 三菱電機(東京都千代田区)は薄板から厚板までの加工を対象とし、高い生産性と省エネを実現した炭酸ガス2次元レーザー加工機「ML3015SR-32XP」(定格レーザー出力2・7kW、9月1日発売)を7月18日まで東京で開かれた「MF︱Tokyo 2015」で初披露した。
 最新ビーム制御の採用で従来機「ML3015eX-S Edition」と比較した加工速度は板厚12ミリの軟鋼で最大10%、板厚6ミリのステンレスでは最大40%向上した。加工品位も向上し、板厚10ミリのステンレスで切断面粗さを最大80%低減する。加工完了後に発振器や冷却装置などを段階的に停止させる機能により、待機時の消費電力を最大93%削減。また操作画面上の加工状況に類似した写真を選択したり、状態を見ながら簡単なダイヤル操作で加工条件を補正したりと、作業者の熟練度によらない高品位な加工を実現する。
 ストロークX3100・Y1565・Z150ミリ、最大加工板厚は軟鋼19ミリ、ステンレス14ミリ、アルミ合金10ミリ。標準価格9050万円(税抜き)で、年間70台の生産を見込む。