News

ベッセル、ネジの締め忘れをお知らせ

メーカー名商品名
ベッセルスクリューカウンター

電ドラと連動するカウンター

4846

 ベッセル(大阪市東成区)は、ネジの締め忘れやサイズ間違いなどのヒューマンエラー防止に役立つ「スクリューカウンター」を開発した。
 電動ドライバーを使ったアッセンブリラインに使用する製品で、作業者にネジ締め付けの合否をアラーム音と光で知らせる。外部出力し、プログラムブルコントローラやワーク検知センサと連動させてネジ締め工程のプログラム化も可能にした。
 取り付けは、ドライバー本体と電源の間に接続するだけ。別途電源は必要なく、裏面のネジ穴を使った設置ができる。ドライバーから外付けが可能な小型軽量タイプとして、ネジ穴やセル生産台などのパイプに固定しやすい形状になっている。
 締め付けたネジ数をカウントして残りの本数を表示したり、作業後に増し締めできたりと、各種機能を充実させた。設定した時間内だけ、ドライバーの回転を遅くするスロースタート機能も搭載。チャンネル連動機能を使えば、最大5種類のネジを1つの工程で使える。