News

ネット8割被害、利用者情報が筒抜けに

 中国のインターネットユーザーのうち実に8割が、詐欺や個人情報の漏えい被害に遭っている。この7月までの1年間で、その経済的な損失は約805億人民元(約1兆6000億円)に上ったと、「権益保護調査報告」が明らかに。氏名、住所、身分証明書番号、住宅購入状況まで被害情報は幅広い。ユーザー6億5000万人とすると、1人当たり損失額は124人民元(約2500円)だが、権利保護を求める例は少ないようだ。