News

ベトナム人労働者、台湾が受け入れを再開

 台湾がベトナム人の在宅介護ヘルパーなどの受け入れを再開した。1万人の需要があるとみられる。勤務先からの逃亡が目立ったため、凍結措置が取られていたが、「ベトナム人が負担する15万台湾元(約60万円)の仲介費用が逃亡の主因だった」ことが分かり、ベトナム人の負担が軽減されるように措置された。ベトナム政府も逃亡防止策として、帰国者には15万元相当の罰金と3年間の出国禁止という処分を下すことにした。