News

DMG森精機、天津工場にロボット自動化システム

横形MCベースに、24時間稼動

 DMG森精機(森雅彦社長)はこのほど、中国の同社天津工場に、横形マシニングセンタ(MC)「NHC6300」のロボット自動化システムを導入したと発表。8月4日から7日に開催した「天津オープンハウス」で初披露した。
 中国では人件費や物流費の高騰が続き、生産性が高く、投資価値のある製品が求められているという。同社では機械単体だけでなく、より生産性を高める自動化システムと機械を中国ユーザーに提案するシステムソリューションを展開している。
 今回、新たに導入した「NHC6300」のロボット自動化システムは、24時間稼動や省人化を実現。同社では、「生産性向上を図り、高い収益性および投資効果が見込める」としている。
 天津工場では、自動化による自社の生産効率の向上を図るとともに、実際の生産に使用されている設備機械の一例として、同機のロボット自動化システムだけでなく、「NHX10000」のLPP(リニアパレットプール)システムや最新鋭の大型5軸加工機「DMC340U」のパレットチェンジャ仕様も、自動化の一貫として披露している。
 なお、「NHC6300」は、拡大する中国市場に特化して開発した高剛性と高速加工を実現する50番テーパ専用設計の横形MC。4月に北京で開催された「CIMT2015(中国国際工作機械展覧会)」で世界初披露し、天津工場で生産を開始している。「重切削加工に大きな威力を発揮する1台」をコンセプトに、頑丈な高剛性ベッドを採用。高剛性構造により、加工時に発生する振動を最小限に抑えることで、安定した重切削加工を可能にしたのが特長。
 同社では、今回のロボット自動化システムを含め、顧客の加工ワークに最適なシステムと、導入後の効果やアフターサービスまでを含めたトータルソリューションを提案し、サポートする方針だ。