News

三菱重工、スギヤマメカレトロと協業

大形工作機械の改造で

 三菱重工業(機械・設備ドメイン工作機械事業部)はこのほど、スギヤマメカレトロ(本社・岐阜県本巣市)と大形工作機械の改造事業で協業することで合意し、覚書を締結したと発表した。
 門形5面加工機や横中ぐり盤など各種大形工作機械で培った専門技術、品質管理ノウハウによる三菱重工の対応力と、長年の修理・改造で培った豊富な熟練技術による改造実績を持つスギヤマメカレトロのコスト競争力を組み合わせ、幅広い市場ニーズを掘り起こすのが狙い。協業は、国内ユーザーが対象で、両社各自の得意分野を活かし、オーバーホールやレトロフィットを含む改造工事全般をカバーする。
 スギヤマメカレトロは1945年の創業以来、工作機械のオーバーホールやレトロフィットを手掛けており、老朽化が著しい機械や外国製機械の改造などにも対応。併せて、マシニングセンタや長尺旋盤・研削盤などの工作機械のほかに、ロケット部品加工装置をはじめ、航空宇宙産業や自動車産業、原子力産業など幅広い製造業界向けの専用機を設計・製作している。
 三菱重工は今回の協業を契機に、改造需要だけでなく多様な製造システムの新設需要に対しても、エンジニアリング力や加工技術力、工具技術力をベースとする工作機械メーカーのノウハウを活用した提案を行うことで差別化し、トータルソリューション事業を強化する方針だ。