News

ベッセル、電動ドライバーから静電気対策機

メーカー名商品名
ベッセル静電気対策電動ドライバー

光学機器、セル生産向けに

5103

 ベッセル(大阪市東成区)は、電動ドライバーから静電気対策モデルを発売した。半導体デバイスの取り付け、帯電に伴うホコリの付着を嫌う工程向けに開発したもので、光学機器のアッセンブリやハードディスクの組立作業に適している。
 導電性の樹脂ボディを採用した。本体だけでなく、一体成形したエラストマー、いじり止めスリーブも同じ導電樹脂を使うことで、静電気によるデバイス破損やホコリの付着を防止する。
 カーボンブラシなどの消耗品交換が不要なブラシレスモーターは、出力効率が高いスロットレス型とした。最小機種の「VE-1500/2000シリーズ」は、セル生産台の作業を想定した精密小ネジ対応タイプ。親指で本体を支えるデザインで、手首にかかる負担を減らした。ソフトハンドルやゲルパッドのソフトな感触で、しっかりとホールドする。
 締め不足やネジ間違いなどを、音と光で知らせる機器「スクリューカウンター」との接続も可能。設定した時間中に回転数を抑えるスロースタート機能の活用で、始動時のビットの跳ねを防止できるという。