News

コロナ、石油ファンヒーター

メーカー名商品名
コロナ石油ファンヒーター「WZシリーズ」

最高峰機種をフルモデルチェンジ

5112

 コロナ(新潟県三条市東新保7-7、TEL.0256-32-2111)は、2015年度向け石油ファンヒーターとして、フルモデルチェンジした「WZシリーズ」をはじめとする5シリーズ・13機種を8月下旬から順次発売する。
 このうちフラグシップモデルにあたる「WZシリーズ」には、新たにトリプルエコ機能を搭載した。人の動きを検知して自動的に火力を調整し、人がいなくなって約50分経過すると自動的に消火する「省エネセンサー」がその一つ。
 さらに、5段階の角度で可変するルーバーで効率よく室内を暖め、点火・消火時にはピタッと閉じてニオイを抑える「ぴたっと消臭 気流ルーバー」の効果と、スイッチひとつで設定温度を20度に切り替えるとともに最大火力を60%に抑えて省エネ運転する「ecoモード」機能により、大幅な省エネを実現。同社の試算では1シーズンの灯油代と電気代を合計8300円以上節約できるという。
 2015年度向け石油ファンヒーター5シリーズ(WZほかVX、EX、ST、ミニの各シリーズ)ともに点火時間はわずか7秒。帰宅時や朝の起床時など、あらかじめその時間をセットすることで、素早く部屋を暖めることができる。また、部屋が暖まると自動的に、最小限まで火力を下げて運転する機能や、灯油で手を汚すことなく給油できる機能、独自の燃焼方式(ポンプ噴霧式バーナー)による低消費電力もすべてのシリーズに共通した特長。
 価格は、ハイエンドのWZシリーズ木造10畳までのタイプ(FH-WZ3615BY)で税別5万2800円。