News

OKK、新たな「100年」へ、製販の躍進誓う

重切削・高剛性の百年品質を展開

5066

 OKK(宮島義嗣社長)は8月19日、伊丹市内のホテルで「2015年度OKK会」総会を開催。全国より、会員である販売代理店の代表が多数出席し、「創業100周年」を迎えた本年を、「NEXT STAGE100」~新たな100年の始まりの年へ~とし、製販一体での発展を誓い合った。
 総会でははじめに、OKK会会長である千葉靖雄兼松KGK社長があいさつ。「今年4月に井関会長、宮島社長の新体制となり、記念すべき『創業100周年』を迎える。重切削と高剛性のOKKとのブランド力を一段と強化し、さらなる飛躍を」と述べた。
 OKKの井関博文会長が「新しい時代を築く新体制への力強い支援を」と語ったのに続き、宮島社長が今年度の事業活動を報告した。この中で、「10月1日付で社名を『OKK株式会社』に変更する」と紹介し、「新たな100年の始まりの年と位置付け、すべての事業基盤の強化・拡充を着実に実践する」と強調。具体的には、「製品品質と生産効率の向上を推進し、重切削加工のブランド力を向上させた商品開発を展開する。『重切削、高剛性の百年品質』の工作機械と共に、『安心の3年保証』によるサポート体制を拡充し、人材育成にも注力。顧客のニーズに迅速に対応する製品づくりを目指す」と語った。
 この後、傾斜軸(A軸)に主軸ヘッドチルトを採用、B軸(テーブル)は最大積載2㌧まで可能な新製品5軸制御横形マシニングセンタ(MC)「HM-X8000」の概要や、100周年記念の記念プレートを紹介し、総会を終えた。
 第2部の講演会に続き、懇親会に移り、和やかに懇談。交流を深めた。