News

東京鋲螺、タイ工場を稼働

 超硬合金製ヘッダー金型の直彫りを得意とする東京鋲螺工機(埼玉県新座市、高味寿光社長)は8月上旬、タイのランシット工業団地内にこのほど竣工した工場(Tokyo Byora (Thailand) Co., Ltd. 従業員10人)を稼働させた。日本製の微細加工機、形彫りおよびワイヤ放電加工機をそれぞれ1台ずつ保有し、加工品は現地のネジ、ボルト、ベアリング部品メーカーなどに納める予定。
 従来製法の1.5倍以上の寿命をもつ超硬の直彫り金型で品質・納期・価格のすべてで優位に立ち、高味社長は「これから3年かけて設備投資、タイ人スタッフ育成に努め、増加しているローカル企業との取引もさらに拡大し、来年度売上1・5億円を目指す。