News

沖電線、狭い機器内スペース向け絶縁電線

メーカー名商品名
沖電線絶縁電線「ORP-Iシリーズ」

曲げ半径が小さく、低価格化

5224

 沖電線(神奈川県川崎市中原区下小田中2-12-8、TEL.0120-087091)は可動耐久性に優れ、機器内の可動部配線に向く絶縁電線「ORP-Iシリーズ」を9月15日に発売する。ケーブルに比べて細く曲げ半径が小さくできるため、狭い機器内スペースへの配線がしやすいという。
 本シリーズは絶縁体に独自開発の強じんで滑性の優れた特殊エラストマー絶縁材料を採用することで、それまで市場で実績の高かったフッ素樹脂絶縁ケーブルよりも屈曲性能を向上させつつ低価格化を実現したロボットケーブル。最小曲げ半径6㎜(0.2SQ)-25㎜(5.5SQ)。全7色。