News

ロブテックス、エアーナッター かしめ速度4割増

メーカー名商品名
ロブテックスブラインドファスナー「エビナット」

M12対応のハイパワーモデル

5249

 ロブテックス(大阪府東大阪市)が開発したナットとリベットの長所を兼ね備えたブラインドファスナー「エビナット」――タップ立ての難しい薄板、パイプ、角パイプ、溶接のできないプラスチック板など、片側からワンアクションで取り付けられるのが特長だ。 
 取り付けには、ナッターと呼ばれる専用機が必要で、エアー、電気、ハンドタイプが製品化されてきた。8月21日に発売したエアーナッターのハイパワーモデル「N1A2」(=写真)は、かしめ速度と引張力が同社従来機比で約40%向上。M12サイズ(受注生産品)のエビナットに対応する。
 本体重量を2.1kg(従来品2.6kg)に軽量化したほか、重量バランスにもこだわることで使い勝手と長時間作業の疲労軽減を実現した。
 使い方は、エビナットをマンドレルに押し込み、トリガーを引くだけ。工具を使わずにストローク調整が可能で、かしめ不足を防ぐためにクラッチ機構が確実にナットを取り込む構造となっている。
 M3、M12サイズを使う場合、別売りのスクリューマンドレルとノーズピースが必要。エビナット以外のブラインドナットは、「工具の仕様内でかしめられるものに限る」としている。参考価格は21万7710円。