News

ヤマト運輸、シンガ国内へスピード配送

 沖縄ヤマト運輸(沖縄県糸満市)とシンガポールヤマト運輸(シンガポール)は両社のパーツセンターを連携させシンガポール国内へのスピード配送を8月に始めた。メーカーが自社の保守パーツを現地に素早く届けるのを支援する。
 ヤマトグループは2013年7月から那覇空港に隣接した沖縄パーツセンターからアジア地域へのスピード供給を開始し、国内メーカーの海外展開を支援してきた。商圏のボーダーレス化で製品を速く安く販売するだけでなく、アフターケアへの対応が重要になってきているためだ。サービスを利用するメーカーや販社にとってはシステム上での在庫の可視化、在庫量の圧縮、初期コストの抑制といったメリットがある。
 今回、在庫の一部をシンガポールのセンター(7万2千平方フィート)で保管できるようにした。グループは「今回構築した物流ネットワークをシンガポール以外の地域にも拡大していきたい」としている。