News

安川電機、JR黒崎駅(北九州市)におみくじロボ設置

5297

 7軸垂直多関節ロボットが、おみくじボールを上手に運んで、お客様の運勢を占います――。安川電機(津田純嗣社長)は、本社そばの北九州市JR黒崎駅構内に8月26日、「黒崎神社おみくじロボット」(=写真)を設置し、同日から稼動させた(各日午前9時30分~午後5時の稼動)。この日は、北九州市八幡西区・古川義彦区長らを招いて除幕式も行った。
 同社は今年6月1日、創立100周年事業としてJR黒崎駅に隣接して広がる本社敷地に、予約見学できる安川電機みらい館などからなる「ロボット村」をオープン、村内では小倉祇園太鼓を演奏するロボットなども展示し、地元との結びつきをアピールしてきた。
 今回のおみくじロボットは、黒崎地区活性化への支援が目的という。街の楽しい話題になればというわけ。機会あらば是非お試しを。