News

岩崎電気、埼玉にテクノセンター

5305

 照明器具製造・販売の岩崎電気(東京都中央区)は、技術開発の中核を担う「テクノセンター(技術開発棟)」を埼玉製作所(埼玉県行田市)内に新設する。4階建て延床面積6300平方m、最大600人収容できる。総投資額32億円。来年4月に着工し、2017年4月に竣工する予定。
 各技術部門の約300人を束ね、一部管理部門や品質保証、知的財産部門も集約する。これまで光源、照明器具、光応用機器の研究開発・設計の各技術部門が分散していたが、センター新設により同社は「部門横断的な技術的知見や情報の共有、国内外の有力ベンダーとの連携、グローバル対応の商品開発を加速させる」としている。