News

フォトロン、3DCAD 新バージョン

メーカー名商品名
フォトロン3次元CAD「図脳RAPID3Dシリーズ」

プロ版とパーソナル版の双方で

5390

 フォトロン(東京都千代田区)は、3次元CAD「図脳RAPID3Dシリーズ」の最新版(VER.8・5)をプロフェッショナル版とパーソナル版の双方でリリース。発売日は9月25日。
 同シリーズは、「設計者のみならず、すべての部門で利用できる3次元CAD」をコンセプトに改善と機能強化を繰り返し、廉価で確かなCADとして販売実績を重ねてきた。
 新バージョンのうち、サーフェスモデルとソリッドモデルを融合したプロフェッショナル版(図脳RAPID3DPRO VER8・5)は、税別定価19万8000円と20万円を切る低価格ながら、自由曲面を含む意匠的な形状のモデルにも柔軟に対応。業界標準的なカーネルとして知られる「パラソリッド形式」のデータ入出力機能を新たに標準搭載し、3Dモデルデータ活用の領域を広げた。他の新機能として、3次元ワイヤに対し角丸めや、面取りのダイレクト編集を可能にしたほか、パイプ形状をワンコマンドで自動的に作成できるなどがある。
 一方でパーソナルタイプの新版(図脳RAPID3D VER8・5=税別価格7万8000円)は、高性能ソリッドモデル機能を文房具感覚で使用できるという。新機能として、ワンタッチで穴を除去したりボスを分離したりが可能に。また面の中心や指定した角度に合わせてモデルを移動する位置あわせ機能を設けた。
 両製品とも新OSのウインドウズ10に対応している。