News

ダイキン工業、HFC−32冷媒の特許を無償開放

 ダイキン工業(十河政則社長兼CEO)は、「HFC-32単独冷媒を用いた空調機の製造や販売に関する延べ93件の特許」を全世界に9月10日から無償開放した。同社では2011年から同特許を新興国で無償開放しており、先進国においても一定の条件下で金銭の支払いが無くても利用できるようにしていた。今回は先進国を含む全世界で無償開放に踏み切っており、「HFC-32空調機の普及を後押しし、空調市場の拡大を促すとともに地球温暖化抑制に貢献したい」(同社)という。
 HFC-32は、オゾン層を破壊しない冷媒でエネルギー効率が高く、安価で容易に再生が可能。一般的に使用されているR-410A冷媒に比べて、地球温暖化係数(GWP)が3分の1と低い。同社では「今後も増加が予想されるR-410Aを全てHFC-32へ置き換えれば、転換しなかった場合と比較して、2030年におけるHFCによる温暖化影響をCO2換算値で最大24%削減することができる」と試算している。