News

NTTスマイルエナジー、「エコめがね」全量モバイルパック

出力制御対応機種を10月から発売

 NTTスマイルエナジー(谷口裕昭社長)は、太陽光発電の出力制御と遠隔監視サービスの一体化を図るため、新たに「エコめがね」全量モバイルパックに、「エコめがね全量モバイルパックパワコン接続タイプ」(以下、モバイルパックパワコン接続タイプ)を追加した。9月中に販売価格の詳細を決定し、発売は10月からの予定。
 パワコンに接続する通信回線付き遠隔監視装置の中に発電制御機能を内蔵。遠隔監視と通信、出力制御機能を備えたオールインワンパッケージとして提供する。
 制御の詳細については東京電力、中部電力、関西電力などの方針が決定次第、出力制御機能の自動ファームウェアアップデートにより対応する。アップデートは追加費用が不要で、設置現場での作業、追加機器の設置も行う必要がない。現時点ではパワコンシェアナンバーワンのオムロン製パワコンが接続の対象だが、他社製のパワコンについても順次対応する予定。
 1台から12台のパワコンにRS485通信で直接接続することにより、パワコンが計測した電力量情報を取り込むことが可能。あらゆる規模の低圧設備への対応や、パワコン増設への対応などが、同機器1台で完結する。