News

5年後1千億ドル、インドのオンライン通販

 インドのオンライン小売市場が、今後5年間で1000億米ドル(約12兆円)規模に拡大する見通しだ。  現在は通販の利用者は6000万人、170億米ドル規模だが、今後の拡大要因として物流インフラやインターネットへの環境改善、電子機器の普及などが挙げられている。このため、いま610カ所ほどある店舗型ショッピングモールは、すでに減速傾向が加速されつつあり、いずれ半分ほどになるものと予想されている。