News

韓国の空の危機察、中国がパイロット引き抜き

 韓国のパイロットの多くが中国の航空会社に転職している。賃金格差が背景にあるという。大韓やアシアナ、それと他の航空会社5社では、離職パイロットが2013年26人、14年27人、今年は年7月までで138人を数えるという。多くは中国の同業他社に厚遇で引き抜かれたと伝えられるが、ちなみに職歴15年、年収12万5000米ドルのパイロットの場合、その2.7倍の年収(約4080万円)で転職できるようだ。