News

がん患者の急増、地下に溜まる工場排水 

 井戸水を飲む住民にガン多発—山東省臨沂市沂で化学工場群の周辺住民が、塗炭の苦しみに喘ぎながら死亡者を増やす。工場群が汚染水を深さ200mまで掘った地下に流し続け、操業停止命令でも密かに排水を止めないからだ。雨になると排水溝に汚水が溢れ、強烈な異臭の中、住民の飲み水はペットボトル入りだけ。農作物は育たず、がん患者急増の農民の生活は寄る辺なく、困窮へと止めどない。これも中国の暗黒的実態。