News

隠された「南京」、ユネスコ記憶遺産の闇

 「南京事件」がユネスコ世界記憶遺産に。だが、もう一つの〝事件〟に中国もユネスコも知らぬフリ。旧日本軍の南京占領は1937年12月だが、その5カ月前に中共軍と合体(国共合作)した国民党軍(蒋介石総統)が、南京から重慶に逃げる際に周辺住民を大虐殺し、日本軍の仕業に見せかけた。犠牲者は5万とも6万とも。14年度に54億円(分担金ほか含む)もユネスコに供出した日本。分担拒否の動きが出ても当然か。