News

GFマシニング、ミクロンの小型高精度機

メーカー名商品名
GFマシニングソリューションズ高精度立形マシニングセンタ2種
5775

 GFマシニングソリューションズ(池田実社長)は、スイスにある関連会社ミクロン社製の高精度立形マシニングセンタを2種、「HSM200LP」(3軸機)と「同ULP」(5軸仕様)を9月から販売開始した。HSKシャンクE32の小型タイプ。10月に開催されたメカトロテックジャパン2015で国内初披露した。
 欧州では約2年前から販売し、高精度金型や部品加工分野で実績を上げている。「工具メーカー向けや高精度電極加工、パンチ金型加工向けなどで好評」(同社)という。ミクロン社の工作機械はハイエンドの領域を指向するものとして知られるが、「超高精度分野に特化したマシンとは若干コンセプトが異なる。高い精度で幅広く高能率加工を行える機械」(池田社長)との位置づけだ。
 ポリマーコンクリートを土台に使って剛性と減衰性を大幅に高める一方、リニアダイレクトドライブや、最新スピンドルを搭載した5万回転の高速削りで高い生産性を実現する。
 ツールマガジン(30、60、140本)なども充実しており、同社が強味とする自動クランプシステム、パレットマガジンとの組み合わせで「小ロットから量産ものまで高効率な加工提案を行う」(池田社長)考え。
 価格はオープンだが、5軸仕様で4500万円前後が目安という。